HOME>注目記事>費用はかかるが伝統的な日本のスタイルが好まれている

古式ゆかしき結婚式

和婚

和式の神前式というのは、意外と歴史が浅く、明治時代に始まった挙式のスタイルです。ただ、古式ゆかしき結婚式であり、伝統的な日本のスタイルということもあって人気の高さを誇っています。新郎は紋付袴、新婦の方は白無垢を身に着けて、神様の前で結婚を誓う儀式が執り行われ、儀式の最中は神聖な空気に包まれていて、作法に従って男女が夫婦になるという儀式を執り行うのです。近年では、この古式ゆかしき結婚式に対する再評価がなされ、日本人だけでなく、日本文化に精通した外国人も神前式での挙式をしたいという依頼が寄せられています。そのため、神前式ができる神社も増えています。

根強い人気の挙式スタイル

花嫁

現在では、結婚式の半分以上が様式スタイルが好まれています。その理由の多くが、費用が安いということに起因していると言われています。それでも、根強い人気を誇るのが神前式です。たしかに、チャペルなどの洋式の挙式スタイルに比べて費用がかかります。衣装代に加えて神社の利用料、更には神社に対する初穂料などがかかるので、結果的に洋式スタイルでの挙式に比べると費用が多くかかります。それでも、依然として神前式は人気が高いです。

手順は神社のスタッフの指導に従う

女性の手

神前式の手順を、式次第といいます。これは厳密に手順が決まっていて、新郎新婦は覚えなければならないのではないか、と不安になる人も多いかもしれません。しかしながら、挙式当日は巫女が式の手順をその都度教えてくれるので、心配する必要はないのです。一般的に、神前式の場合であっても式次第を完璧に覚える必要もなく、リハーサルも必要としません。先導役として巫女またはスタッフが付くので、指示に従えば良いので安心です。